母乳ダイエットの思い違い

 

せっかく母乳育児を続けているのだから、産後ダイエットも楽勝だなぁと思っていたら、なかなか体重が減らなくて、逆にかえって太ってしまったというお母さんも意外と多いようですね。結論から言ってしまうと、母乳育児は痩せやすいのだけれど、必ずしもやせるとは限りません。たとえやせたにしても、そのタイミングは人それぞれで卒乳してからだったり、赤ちゃんが動き回るようになってからだったり、おっぱいをよく飲んでくれるようになってからだったり、と、こればっかりは一概にこの時期に必ずやせるんだと断定できないことです。

 

もし、痩せることを期待するとしたら、授乳中よりも子どもが立ったり、歩いたりしだしたりして、それに合わせて動かなければならない時期のほうが確実に痩せるでしょう。しかし、その前に育児疲れで、痩せてしまう可能性も考えられますね。実際のところ、授乳中は、太っちゃったな、とか減らないわといっても、妊娠中に体重を増やしすぎたり、産後のものすごい食欲にまかせてついつい食べてしまうことがなければ、妊娠前の体重を、すぐにではなくとも近くまでは戻るものです。

 

トップへ

 

育児には体力が必要!


それより、やせるために、食事を減らすだけのダイエットはしないようにしましょう。育児には体力が必要です、ダイエットばかりを気にした食事をしていては体が持ちません。妊娠中でさえ、赤ちゃんに栄養とられてボロボロだったママの体ですが、子供はものすごい勢いで成長してきて、欲しがる栄養の量も前よりパワーアップしてますから、それに対抗できるくらいのしっかり食事を心がけたいものです。しかし、だかといって食べれば何でもいい、というわけではなく栄養のバランスを考えた食事が大切です。

 

授乳中ならば、普段の食事プラス600〜800kcalを目安に、食事をするようにすると良いでしょう。1食、余分に食べられるくらいのカロリーですが、ごはんは1膳で約250kcal、そして6枚切りの食パン1枚なら約150kcal。メロンパンなんていったら、400〜450kcalもあります!育児のストレスから、お菓子系の甘い誘惑に負けて、ちょこちょこつまみ食いをしてしまうと、あっというまにカロリーオーバーしてしまいます。食事は、ごはんを中心にし、たっぷりの野菜と海藻類、大豆や魚など、低カロリー高たんぱくの和食で、全体のカロリーは、ごはんの量で調整すると把握しやすいでしょう。


便秘対策にもなるように、汁物もたっぷり取りとりましょう。赤ちゃんによっては、干からびるんじゃないかという位飲んでくれますし・・・やせるのは、授乳期だけじゃありません!過食しないように十分に気をつけて、日常生活の中で、体を動かすように心がけてください。これからでも、自然と体重は落ちていきます。赤ちゃんがいても、できる運動はいろいろあるので、とりあえず、手軽なお散歩から始めてみましょう。

 

recommend

楽天市場

Last update:2016/11/7

トップへ